進路指導部 BLOG

2014.11.26

1年 看護体験学習

11月4日(火)に、看護福祉コースの1年生が大阪南医療センターと大阪南医療センター附属大阪南看護学校にて看護体験学習を行いました。

看護学校では実習室や講義の教室、図書館などを見学させて頂き、『体を手と耳で知る』ことをテーマにした模擬授業では聴診器で心臓や肺の音を聞く聴診、手で脈拍にふれ健康状態を確かめる触診を学びました。

午後からは隣接されている附属の病院に移り、班ごとに各病棟で看護師の仕事を体験させて頂きました。患者さんとのコミュニケーション、清拭、更衣、新生児の抱っこやおむつ交換など日常生活の援助の体験から、ICUやCCU、新生児室などの特殊病室の見学までさせて頂きました。生徒たちは実際の医療現場や初めて見る機械などを興味深く見学し、積極的に体験に参加していました。

今回の体験学習を通して、日頃から人のことを思いやる気持ちを持って行動することが看護に携わる者の心構えであり、看護は自分が生きたようにしかできないということを教えて頂きました。
今回学んだことを活かし、希望の進路実現に向けて頑張ってほしいと思います。

病院で看護副部長の講義を受けています。 ナースステーションで色々な質問をしている生徒たち。 病室で清拭をするために予防着を着ているところです。予防着の裾がよれないように整えて……。 新生児を抱かせていただいています。かわいい寝顔で癒されます。 看護体験を終え、各班の代表者が緊張しながら体験発表を行いました。